3大駅伝未出場の青学大新主将・宮坂大器に飯田貴之前主将が金言「駅伝メンバーに選ばれることに集中すればいい」

スポーツ報知
飯田貴之主将(左)は宮坂大器主将に「金言」を残した

 第98回箱根駅伝(1月2、3日)で往復路を制し、総合新記録(10時間43分42秒)で2年ぶり6度目の優勝を飾った青学大の新主将に宮坂大器(3年)が就任した。初挑戦した2月6日の別府大分毎日マラソンで日本学生歴代19位となる2時間12分9秒で走破するなど確かな実力を持つが、学生3大駅伝では3年時まで出場経験がない。青学大では箱根駅伝で初優勝した2015年(2014年度)以降としては、3年時までに学生3大駅伝未出場の選手が主将を務めるのは初。今回の箱根駅伝で4区3位と好走し、王者返り咲きに貢献した飯田貴之主将(4年)は、3大駅伝未出場の宮坂新主将に「金言」を授けた。

 箱根駅伝ディフェンディングチャンピオンとして迎える2022年度。青学大の新主将は異例の人選となった。3年時まで学生3大駅伝未出場の宮坂が学年ミーティングで選出され、その後、チーム全体のミーティングと原晋監督(54)の承認を経て新リーダーに決まった。

 青学大が箱根駅伝に初優勝した2015年(14年度)以降、3大駅伝未出場の選手が主将に就任することは初。

 「本当は箱根駅伝に出走して、主将に就任したかったです。でも、主将をやる以上、全力で務めます。今までの青学大の伝統を引き継ぎ、練習場では厳しく、寮内では居心地のいいチームをつくりたい」。宮坂は引き締まった表情で“所信表明”した。

 宮坂は主将にふさわしい責任感を持つ。今年の箱根駅伝では7区に登録されたが、当日変更で岸本大紀(3年)に出番を譲り、補欠に回った。「1月3日の(当日変更締め切り時間の)午前6時50分まで集中して、走る準備をしていました」と明かした。

 箱根駅伝制覇から2日後の1月5日に新チームは早くも始動。宮坂は、目をギラギラさせて練習場に現れ、強風の中、行われたトラック練習で積極的に先頭で引っ張った。原監督は「箱根駅伝は惜しくも走れなかったが、その直後の練習で全くモチベーションを落とすことなく、強風の中、トップを突っ走った。こういう姿勢は必ず駅伝で生きる。頼もしい」と新主将に大きな期待を寄せる。

 21年度のチームを支えた野川寛太主務(4年)は「エースの近藤幸太郎(3年)は自分には厳しいけど、仲間には少し甘過ぎます。副将になった横田俊吾(3年)は自分にも仲間にも少し厳し過ぎます。岸本はマイペース過ぎます。宮坂が一番、バランス感覚がありますね」と笑顔で後輩たちを評した。

 原監督は「リーダーシップは抜群。いい男です」と宮坂の人柄に太鼓判を押す。その上で「今回、ぎりぎりでメンバーから外れたが、そのまま7区を走っていれば区間賞か、区間賞に近い走りをしていたはず」と競技力についても高く評価する。

 不退転の決意で臨むラストシーズン。青学大主将としての初レースは、残念ながら気合いが空回りした。

 1月9日、東京・北区新荒川大橋野球場発着の公認コースで開催されたハイテクハーフマラソン(21・0975キロ)。箱根駅伝に向けて練習と調整を重ねてきた成果を発揮するため「箱根駅伝11区」という位置づけで、青学大勢は優勝メンバー以外が参加した。

 4区登録で当日変更で出番なしとなった関口雄大(3年)が1時間2分26秒の好タイムで優勝した。昨年7月~11月に左すねの疲労骨折のため戦線離脱し、登録メンバーから外れた鶴川正也(1年)も初ハーフマラソンながら1時間2分44秒で5位と健闘した。

 青学大勢は20人が出場。7人が1時間2分台、6人が1時間3分台で走破した。その一方で、宮坂は1時間5分46秒と大苦戦した。チーム20人中19位に終わった。それでも、宮坂は新主将らしく「新チームも力があることを示せたと思います。一選手として僕はダメでしたが、へこんでいる暇はありません」と気丈に話した。

 宮坂の前向きな気持ちは「キャプテン第2戦」で好結果につながった。

 2月6日の別府大分毎日マラソン。飯田、横田、西久保遼(3年)と共に初の42・195キロにチャレンジした。32キロまで先頭集団に食らいつく積極的なレースで学生トップの14位。日本学生歴代19位となる2時間12分9秒をマークした。「35キロからきつかったけど、楽しかったです」と宮坂は充実の表情で話した。30キロ以降失速し、2時間20分13秒を要した飯田は「宮坂、強い」とたたえた。

 別府大分毎日マラソンを終えた後、飯田は東京・町田市の選手寮を退寮した。最後に宮坂へ主将としての心構えを伝えた。

 「青学大の主将は競技でも競技以外でも苦しむことが多い。(20年度主将の)神林(勇太)さんはケガをして最後の箱根駅伝を走れなかった。僕も4年生の時、2度も故障したし、全日本大学駅伝ではアンカーで負けてしまった。確かに大変だけど、それ以上にやりがいがある。まだ、宮坂は学生3大駅伝を走っていない。主将として、というより、一選手として駅伝メンバーに選ばれることに集中すればいい。その姿勢がチームに好影響を与えると思う」

 飯田の“金言”に宮坂は「一選手としてチームメートを追いかけていきます」と深くうなずいて答えた。

 今季の個人目標は明確に定まっている。「昨年の関東学生対校はスピード重視の1500メートルに出場(予選敗退)しましたが、今年は各校の主力が出る5000メートル、1万メートルを狙います。3大駅伝はすべて走りたい。そのために、これまで以上に地道に泥臭く練習を重ねます」と宮坂は意欲的に話す。

 宮坂が1年時は鈴木塁人、2年時は神林、3年時は飯田が主将が務めた。「歴代キャプテンの皆さんがカリスマ性があった。強くて、優しい。僕も少しでも近づけるようになりたい」と宮坂は話す。

 青学大キャプテンという重みのあるタスキは、飯田から宮坂に託された。(竹内 達朗)

 ◆宮坂 大器(みやさか・たいき)2000年10月4日、埼玉・川越市生まれ。21歳。川越市立砂中1年時に陸上を始める。理由は「球技が苦手だったから」。3年時に全国大会1500メートル優勝。埼玉栄では全国高校駅伝2年1区30位、3年4区7位。19年に青学大国際政治経済学部入学。自己ベストは5000メートル13分54秒15、1万メートル28分34秒23、ハーフマラソン1時間2分26秒。趣味はゲーム。尊敬する選手は同期のエース近藤幸太郎。171センチ、54キロ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×