イチロー氏がパワプロシリーズ、プロスピに登場! 

「パワフルプロ野球」、「プロ野球スピリッツ」、「パワプロクンポケット」シリーズとコラボして登場するイチロー氏(コナミデジタルエンタテインメント提供)
「パワフルプロ野球」、「プロ野球スピリッツ」、「パワプロクンポケット」シリーズとコラボして登場するイチロー氏(コナミデジタルエンタテインメント提供)

 コナミデジタルエンタテインメントは22日、マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏(48)が「パワフルプロ野球」、「プロ野球スピリッツ」、「パワプロクンポケット」シリーズとのコラボレーションが決定したことを発表し、記念PVを公開した。モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」、「実況パワフルプロ野球」への登場は初めてとなる。

 2月28日にモバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」とコラボし、3月23日にモバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」と家庭用ゲーム「eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム」、4月21日に「eBASEBALLパワフルプロ野球2022」、4月中旬に家庭用ゲーム「パワプロクンポケット」に登場する。

 イチロー氏とのコラボを記念して、ツイッターの「パワプロ・プロスピ公式」アカウントで、キャンペーン「#イチローが抑えられない」を2月22日から3月1日まで開催する。複数の選択肢(コース)から勝負球を選び、打者のイチロー氏と対戦。三振を奪えば、Amazonギフト券500円分が1万人にプレゼントされる。

「パワフルプロ野球」、「プロ野球スピリッツ」、「パワプロクンポケット」シリーズとコラボして登場するイチロー氏(コナミデジタルエンタテインメント提供)
「パワフルプロ野球」、「プロ野球スピリッツ」、「パワプロクンポケット」シリーズとコラボして登場するイチロー氏(コナミデジタルエンタテインメント提供)

 ◆パワフルプロ野球シリーズ 1994年に家庭用ゲームとして誕生して以来、25年以上にわたり楽しまれてきた、コナミデジタルエンタテインメントを代表する野球ゲーム。2014年には、選手育成モード「サクセス」を搭載したモバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」の配信を開始。家庭用ゲームのシリーズ累計販売本数は2360万本(2021年9月末時点)を超え、モバイルゲームの累計ダウンロード数は4600万ダウンロード(2022年2月時点)を超えている。

 ◆プロ野球スピリッツシリーズ リアル版プロ野球ゲームである「プロ野球スピリッツ」シリーズ。2004年に1作目となる家庭用ゲーム「プロ野球スピリッツ2004」を発売。「eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム」ではプロ野球選手を360度から撮影し、ゲーム中に再現する3Dスキャン技術や、球場の正確な形状を計測するレーザースキャン技術を採用し、圧倒的表現力でリアル野球を楽しめる。15年に配信を開始したモバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」は6周年を迎え、累計ダウンロード数は2900万ダウンロードを突破。21年シーズンは、日本野球機構(NPB)と共催する「eBASEBALLプロスピAリーグ」を開催。

 ◆パワプロクンポケットR 「パワポケ」シリーズは1999年から2011年まで携帯ゲーム機で発売していた、野球ゲームの定番「パワフルプロ野球」シリーズの姉妹作品。初代の「パワポケ」から「パワポケ14」(「パワポケダッシュ」、「パワポケ1・2」含む)まで計16作品。メインモードの「サクセス」は、忍者戦国編やRPG風ファンタジー編、電脳野球編など奇想天外なシナリオを楽しめるのが特徴。最新作「パワプロクンポケットR」は、初代「パワポケ」、「パワポケ2」のサクセスシナリオをリメイクしたほか、新育成モード「サイバーバル」を搭載。

「パワフルプロ野球」、「プロ野球スピリッツ」、「パワプロクンポケット」シリーズとコラボして登場するイチロー氏(コナミデジタルエンタテインメント提供)
「パワフルプロ野球」、「プロ野球スピリッツ」、「パワプロクンポケット」シリーズとコラボして登場するイチロー氏(コナミデジタルエンタテインメント提供)
すべての写真を見る 2枚

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×