アンジャッシュ・渡部建、児嶋一哉の名前いじり「スケベさん」の振りに大声で「渡部だよ!」

渡部建
渡部建

 15日に不倫騒動の活動自粛から約1年7か月ぶりに千葉テレビの冠番組「白黒アンジャッシュ」(火曜・午後10時)MCに復帰したお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建が、22日の放送で、相方の児嶋一哉からのコンビ改革案に賛同。児嶋が名前でいじられた時に発する「児嶋だよ!」の返しで「スケベさん」と振られ大声で「渡部だよ」と“新ネタ”を披露した。

 重苦しい雰囲気となった前回の渡部復帰の放送。児嶋は「こんな感じでやっていけるの」と複雑な心境を吐露していた。

 この日の放送では、15日分の放送前の収録のため、世間の反応が全く分からないと困惑気味の2人。ただ、児嶋は「新生アンジャッシュ」の改革案を披露。「2人の立ち位置を入れ替える」「アンジャッシュのポーズ復活」名前いじりで児嶋が渡部に「スケベさん」と振ることを挙げた。渡部は前回放送ではみられなかった笑顔も見せ、“新生アンジャッシュ”への一歩を踏み出した様だ。

 2人の立ち位置変更。ゲストを迎えるにあたって、メインのMCを児嶋が行うため、右側に児嶋が立った方が進行しやすい。「これは慣れないよ。30年ぐらいやってきている立ち位置を変えるって」といい、画面右側に児嶋、左側に渡部の新スタイルに切り替えた。番組の公式HPの写真も2人が入れ替わったものに変更された。

 「アンジャッシュ」のポーズ。昔、オアシズの大久保佳代子に授けられたという。児嶋は渡部に「なかなか元気にやりづらいじゃん。昔、オアシズの大久保さんにもらったアーンジャッシュ(のポーズ)をやろう。なんか勢いつくじゃん。これは決まりとしてやっていく」と報告。

 名前ボケの振りについて、渡部が児嶋の名前をいじるボケは「大島さん児嶋だよは、生意気に映っちゃう。返すのがないとバランスが悪い。渡部偉そう。児嶋をいじったってなっちゃう」と説明。今後は児嶋が「スケベさん!」と渡部に振ると話した。

 同番組はコンビ初の冠番組として04年にスタート。活動自粛中も相方の児嶋が単独でMCを務めていた。15日の放送は渡部の謝罪の場となったが、次回からは通常バージョンになることが番組内で発表されていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請