西郷輝彦さん死去 75歳 放射線、抗がん剤治療など14回…壮絶がん闘病11年

西郷輝彦さん
西郷輝彦さん
東京・日劇で歌う西郷さん(68年撮影)
東京・日劇で歌う西郷さん(68年撮影)
西郷輝彦さんの家族
西郷輝彦さんの家族
西郷輝彦さんの作品
西郷輝彦さんの作品

 橋幸夫(78)、舟木一夫(77)とともに「御三家」と称され、人気を集めた歌手で俳優の西郷輝彦(本名・今川盛揮=いまがわ・せいき)さんが20日午前9時41分、前立腺がんのため都内の病院で死去した。75歳。「星のフラメンコ」など数々のヒット曲で一世を風靡(ふうび)し、俳優としてもTBS系ドラマ「江戸を斬る」などで活躍した。2011年に前立腺がんと診断され、オーストラリアで日本未承認の治療を受けるなど、仕事復帰を目指していた。葬儀は近親者で行う。

 「御三家」として、昭和歌謡界を席巻した西郷さんが、長い闘病の末、静かに逝った。関係者によると、90年に再婚した妻や娘に見守られ、天国に旅立った。

 西郷さんは11年に前立腺がんが判明。「周囲に迷惑をかけたくない」との意向で事務所関係者にも伝えず、前立腺の全摘出手術を受けた。17年にがんが再発。深刻な体調不良でも単独ライブに立ち続けたが、医師と相談した上で同年11月30日に治療を最優先するために活動を一時休止した。

 ホルモン治療、放射線、抗がん剤治療を14回受けるなど治療を続けたが、コロナ禍に受けた検査で前立腺がんのマーカーが上昇。21年5月、ステージ4の去勢抵抗性前立腺がんと公表し、シドニーの病院で先端治療を受けるために妻と渡豪した。

 同時期にYouTubeを開設。病状を報告し「後がないんだ」と吐露。「まだやりたいことがたくさんある。願いはただ一つ。もう少しだけ好きな仕事をさせてほしい」と語っていた。昨年8月には、日本テレビ系「24時間テレビ」にオーストラリアから中継で出演。「元気ですよ」と笑顔を見せ、「がんが消えた画像をこの目で見た。奇跡は起こります」と経過を明かした。

 西郷さんは、9歳と15歳の頃に2人の兄が他界。鹿児島県の実家の跡取りとして期待されたが、歌手を目指して家出。高校中退後の64年、17歳で「君だけを」でデビュー。彫りの深いマスクと渋みのある歌声で、ヒットを連発。「[おんぷ]好きなんだけど~」の後、「チャチャチャ」と合いの手が入る「星のフラメンコ」は50万枚を超える大ヒットとなり、代表曲となった。

 NHK紅白歌合戦に10年連続で出場。橋、舟木と「御三家」としてアイドル的な人気を博し“クラウンの救世主”と言われた。65年に地元・鹿児島で開催したチャリティーショーには、1万人超の観客が殺到。会場周辺の混乱により死傷事故が起こるほどだった。

 役者としても73年、フジテレビ系ドラマ「どてらい男(ヤツ)」に主演し、3年半にわたる人気シリーズに。75~81年のTBS系「江戸を斬る」では遠山金四郎役で親しまれるなど、俳優としての地位を確立。87年にNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」で政宗の側近役を務め、時代劇や刑事もので引っ張りだこになった。86年に舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」に出演し、90年には菊田一夫演劇賞を受賞した。

 プライベートでは、人気絶頂だった72年、歌手・辺見マリと軽井沢で極秘挙式。ミュージシャンの辺見鑑孝(48)、タレントの辺見えみり(45)が誕生したが、81年、性格の不一致を理由に離婚。90年、19歳年下の元秘書の女性と再婚し、女優の今川宇宙(うちゅう、25)ら3人の子どもに恵まれた。

 ◆西郷 輝彦(さいごう・てるひこ)1947年2月5日、鹿児島県生まれ。64年「君だけを」で歌手デビュー。NHK紅白歌合戦に初出場。「十七才のこの胸に」「星娘」など青春歌謡が相次いでヒット。俳優としても活躍。主な出演作は、NHK大河ドラマ「毛利元就」(97年)、TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(19年)など。我修院健吾のペンネームで雑誌「明星」に連載小説を執筆したこともある。

西郷輝彦さん
東京・日劇で歌う西郷さん(68年撮影)
西郷輝彦さんの家族
西郷輝彦さんの作品
すべての写真を見る 4枚

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×