北京五輪日本選手団が成田空港に帰国…高木美帆主将、姉・菜那らが笑顔で応える

スポーツ報知
帰国した高木美帆(代表撮影)

 北京五輪の日本選手団の計98人が21日、成田空港着のチャーター機で帰国した。

 午後9時35分、選手ではスピードスケート女子1000メートル金など4個のメダルを獲得した高木美帆主将(日体大職)を先頭に、スピードスケート代表が到着ロビーに姿を見せた。集まった約300人のファンに歓迎され、女子団体追い抜きで銀メダルの高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(ANA)は笑顔で祝福に応えていた。

 その後、午後9時56分に2つの銅メダルを獲得した坂本花織(シスメックス)を先頭にフィギュアスケート代表が到着ロビーに到着。坂本は満面の笑みで、ファンからの「感動をありがとう」、「お疲れさま」のねぎらいの言葉に応え、男子シングルで銀メダルの鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)らも祝福に頭を下げて感謝していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×