日本代表ロコ・ソラーレが笑顔で帰国 ファン約150人に手を振りながら「ありがとう!」

帰国したカーリング女子の藤沢五月選手(手前)ら(代表撮影)
帰国したカーリング女子の藤沢五月選手(手前)ら(代表撮影)
ストーンを投じる藤沢(ロイター)
ストーンを投じる藤沢(ロイター)

 北京五輪カーリング女子で初の銀メダルを獲得した日本代表のロコ・ソラーレが21日、成田空港に帰国。スキップ・藤沢五月、リード・吉田夕梨花、サード・吉田知那美、セカンド・鈴木夕湖、リザーブ・石崎琴美の順で午後9時前に空港の到着ゲートに姿を見せた。集まった150人ほどのファンに笑顔で手を振りながら「ありがとう!」と応えた。この後は隔離期間に入る。

 決勝は最終日の20日に行われ、世界ランク8位の英国に3-10で敗れて銀メダル。最後に敗れはしたものの、日本カーリング界にまた新たな歴史を刻んだ。

 日本は今大会で1次リーグ9試合と準決勝、決勝の合計11試合を戦った。試合終了とほぼ同時に発行される公式記録「Game Results」に記載されたタイムスタンプの時刻をもとに計算すると、試合にかかった時間は、合計27時間42分だった。

帰国したカーリング女子の藤沢五月選手(手前)ら(代表撮影)
ストーンを投じる藤沢(ロイター)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×