【フェブラリーS】ソダシがダート2戦目で本領発揮の3着「やれることが分かりました」吉田隼人騎手は手応え

スポーツ報知
レースを終え引き上げてくる3着のソダシ

◆第39回フェブラリーS・G1(2月20日、東京競馬場・ダート1600メートル=重)

 今年のJRA・G1開幕となるダートの頂上決戦は16頭が出走して行われ、福永祐一騎手とコンビを組んだ2番人気のカフェファラオ(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎、父アメリカンファラオ)が、昨年のフェブラリーSに続く連覇でG12勝目を飾った。

 勝ち時計はコースレコードタイの1分33秒8。

 連覇は14、15年のコパノリッキー以来2頭目となった。

 2馬身半差の2着には6番人気のテイエムサウスダン(岩田康誠騎手)が入り、さらに半馬身差の3着は4番人気で桜花賞馬のソダシ(吉田隼人騎手)。

 ソダシは前走のチャンピオンズCで12着だったが、ダート2戦目で巻き返した。

 吉田隼人騎手(ソダシ=3着)「半信半疑でしたが、ダートでこういう結果が出て、ホッとしています。やれることが分かりました。水を含んだ軽い馬場はよかった。(直線は)勝ち馬にのみ込まれるかと思ったが、牝馬でよく踏ん張ってくれた。キックバックも嫌がらず、内容も良かったですよ」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×