【京都牝馬S・敗戦の弁】良血ドナウデルタは重賞の壁に泣く8着 松山弘平騎手「16番枠は厳しかった」

スポーツ報知
外枠が響いたドナウデルタ

◆第57回京都牝馬S・G3(2月19日、阪神競馬場・芝1400メートル=良)

 小雨が落ちる阪神で開催されたフルゲートの牝馬限定重賞は、5番人気のロータスランド(牝5歳、栗東・辻野泰之厩舎、父ポイントオブエントリー)が重賞2勝目を手にした。鞍上の岩田望来騎手は98回目の重賞挑戦で初タイトル奪取。勝ち時計1分19秒7。

 半馬身差の2着は1番人気のスカイグルーヴ(クリストフ・ルメール騎手)。そこから1馬身差の3着には外から迫った2番人気のタンタラス(川田将雅騎手)が続いた。

 5着以下の主な騎手コメントは次の通り。

 藤井勘一郎騎手(サンクテュエール=5着)「初めての1400メートルで集中力がカギになると思っていました。藤沢先生(調教師)が残り少ないですし、重賞の機会をいただいて、ありがたかったです」

 秋山真一郎騎手(プールヴィル=7着)「4コーナーで上位と差が広がって、それが最後まで詰められませんでした」

 松山弘平騎手(ドナウデルタ=8着)「16番枠だったので、なかなか内に潜り込めずに厳しかったです」

 酒井学騎手(コロラトゥーレ=9着)「道悪が得意そうなので、ラチ沿いを行こうと思っていましたが、内にいた馬も同じような競馬を狙っていました。それでもきているので、1200メートルのハンデ戦ではまれば」

 藤岡康太騎手(オールアットワンス=10着)「スタートから進みがよくなくて、想定よりポジションが後ろになってしまった。その中で脚は使ってくれているのですが」

 松若風馬騎手(ジュランビル=12着)「いつも通り、ゲートは出てくれたんですけど…。叩いて良くなると思います」

 藤岡佑介騎手(アクアミラビリス=13着)「道中はいい感じでしたが、外枠は厳しかったです」

 武豊騎手(クリスティ=15着)「スタートでジャンプするような形で、出遅れてしまったので…」

 江田照男騎手(クリノプレミアム=16着)「4角でトモ(後肢)がガクッときて、故障したかと思いました。状態はよかったけど、そこから何もできなかった」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×