銀メダルのトルソワ「全然うれしくない。幸せはない」…4種5本の4回転で男子トップ並みの技術点も

スポーツ報知
フリーで演技するアレクサンドラ・トルソワ(カメラ・矢口 亨)

◆北京冬季五輪 ▽フィギュアスケート(17日・首都体育館)

 女子フリーが行われ、昨季の世界選手権銅メダルでショートプログラム(SP)4位のアレクサンドラ・トルソワ(ROC)は世界歴代2位の177・13点をマークし、合計251・73点で銀メダルを獲得した。フリーでは、4種5本の4回転ジャンプを跳び、全て着氷する驚異の演技を披露。技術点は106・16点と男子のトップ選手と肩を並べる高得点をたたき出した。

 試合後の会見で自身の演技については「十分だった。全てやりきった。その後のことは自分の手から離れている。ショートプログラムも、フリーも、やれることは全てやった」と満足感は示したが、銀メダルについて「結果は全然うれしくない。幸せはない」と率直な気持ちを口にした。

 「テレビのインタビューで最終結果を見た時にもう二度と滑らないと言っていた」と問われると、「そのうち分かると思う」と多くは語らず。銀メダルが決まった後の涙については「なぜなら、泣きたかったから。だから泣いた。ここに3週間、母も、愛犬もいなくてひとりで過ごした。だから泣いた」と話した。

スポーツ

×