【オリックス】ドラ1椋木蓮が負傷離脱 左内腹斜筋の筋損傷「一日でも早く戻る」

スポーツ報知
16日のブルペンでの投球練習中に脇腹を押さえる椋木蓮

 オリックスは17日、ドラフト1位の椋木蓮投手=東北福祉大=が宮崎市内の病院で検査を受け、左内腹斜筋の筋損傷と診断されたことを発表した。椋木は16日にブルペンでの投球練習を中断。左脇腹付近を気にするしぐさがあり、症状が心配されていた。

 今後は患部の状態を見ながら、リハビリなどを行って行く予定。順調ならこの日のライブBP(実戦形式の打撃練習)に初登板する計画だった。椋木にとって、同箇所の負傷は初めて。「焦らずに、一日でも早く戻って来られるように頑張ります」と前を向いた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×