団体追い抜き・佐藤綾乃、笑顔の4ショットで「最高の銀メダル」 押切美沙紀の首に3個のメダル

佐藤綾乃のインスタグラム(@nonstagram_s2)より
佐藤綾乃のインスタグラム(@nonstagram_s2)より

 北京五輪スピードスケート女子団体追い抜きで銀メダルを獲得した佐藤綾乃(ANA)が15日、自身のインスタグラムを更新。高木美帆(日体大職)、高木菜那(日本電産サンキョー)、押切美沙紀(富士急)との笑顔4ショットで「最高の銀メダルでした」と記した。

 女子団体追い抜き決勝は、ゴール目前の転倒で2連覇を逃し、高木菜は号泣した。決勝から約4時間後。北京市内でメダル授与式に出席した日本の3人は歓声とともに迎えられ、高木菜は悔しさをグッとこらえ、高木美、佐藤と手をつないで表彰台には笑顔で上がった。

 その後に撮影したとみられる4ショットでは、押切の首に3個のメダルをかけたチームパシュートのメンバー。4人でつかんだ2大会連続のメダルに笑顔。「皆さま、応援ありがとうございました。最高のメンバーと最後まで戦えたこと、本当に嬉(うれ)しく思っています。色々な思いはありますが、最高の銀メダルでした」とつづった。

 この投稿には「勇気と感動をありがとう」「なまら感動してます」「4年前も今日の決勝も感動で泣きました」「攻めた結果の銀メダル最高」などの声が上がっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×