【注目馬動向】マテンロウレオは報知杯弥生賞ディープインパクト記念、マテンロウオリオンはニュージーランドTへの出走を視野

スポーツ報知
マテンロウレオ

 きさらぎ賞で重賞初制覇を飾ったマテンロウレオ(牡3歳、栗東・昆貢厩舎、父ハーツクライ)は報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月6日、中山・芝2000メートル)への出走を視野に調整されることになった。前走後も栗東に在厩しており、「レース後も変わりありません。順調ですから、まだ予定ですが、このレースを使うことを考えています」と昆貢調教師は説明した。

 また、僚馬でシンザン記念を制しているマテンロウオリオン(牡3歳、父ダイワメジャー)はニュージーランドT・G2(4月9日、中山・芝1600メートル)での復帰を視野に入れ、NHKマイルC・G1(5月8日、東京・芝1600メートル)へ向かう青写真であることも分かった。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×