【フェブラリーS】ソダシはマイルで復活Vを狙う 陣営「ダートがダメだとは思わない」

スポーツ報知
ソダシは2度目のダート挑戦

◆第39回フェブラリーS・G1(2月20日、東京・ダート1600メートル)=2月14日、栗東トレセン

 白毛のアイドルホース、ソダシ(牝4歳、栗東・須貝尚介厩舎、父クロフネ)は2度目のダート挑戦で復活を狙う。全休日のこの日は馬房で静養。中間の調教では相変わらず、好時計を出しているが、「調整は順調にきている。馬自体はケロッとしているし、もっと体重が増えてもいいかなとは思うけど、カイバは変わらず食べているからね」と今浪厩務員は満足そうな表情を浮かべる。

 前走のチャンピオンズCではハナを切りながらも12着と失速。しかし、今浪厩務員に悲観するような様子はない。「ダートがダメだとは思わない。走りが力強いし、今回はマイルなのでスムーズに運べると思う」と3戦3勝と勝率10割を誇るマイルへの距離短縮、さらに慣れの見込める砂2戦目で一変を見込んでいる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×