フィギュア男子フリー中継視聴率は平均26・0%、瞬間最高32・0%…羽生結弦4位も4回転半初認定

男子フリーで演技を終えてあいさつする羽生結弦
男子フリーで演技を終えてあいさつする羽生結弦

 10日にNHK総合で放送された北京五輪フィギュアスケート男子フリー中継(午後12時25分)の世帯平均視聴率が26・0%だったことが14日、分かった。個人視聴率は14・9%。

 平日の昼間にもかかわらず、世帯で午後2時18分、20分、21分に瞬間最高視聴率32・0%をマーク。個人でも午後2時20分に18・4%を記録した。

 94年ぶりとなる3連覇を目指した羽生結弦(ANA)は冒頭の4回転アクセルは転倒し、回転不足となったが、ISU公認大会では世界初となる認定。フリー188・06点の合計283・21点で4位だった。

 初五輪出場の18歳・鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が自己ベストの合計310・05点で銀メダルを獲得。前回銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は4回転フリップの転倒などが響き、合計293・00点で2大会連続のメダルとなる3位。ネーサン・チェン(米国)が合計332・60点で金メダルを獲得した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

×