ヘイセイ山田涼介の「可愛さ」が消費期限!? 主演連ドラで芳根京子と「ド直球ラブコメ」

スポーツ報知
主演ドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」で初めて本格的なラブコメに挑戦する山田涼介と芳根京子

 Hey!Say!JUMPの山田涼介(28)が、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(土曜・後11時半)で主演することが13日、分かった。ヒロインを演じる女優・芳根京子(24)と共に、本格ラブコメに初挑戦する。

 山田が演じる主人公は、整った顔立ちと人懐っこい性格で、幼い頃から“可愛(かわい)い”を武器に仕事も恋も求められまくりの人生を謳歌(おうか)してきたが、ある出来事から「俺の可愛いには消費期限がある」という事実と向き合うことに。2019年の「セミオトコ」以来3年ぶりに同局ドラマに出演する山田は「『セミオトコ』もラブストーリーだったんですけど、僕が人間ではなくセミだったので」と笑いつつ、「“人と人の恋”に本筋を置いたド直球のラブコメは初めて。『20代最後に来たか』と、ちょっとワクワクしています」と新たな挑戦に胸を躍らせた。

 自身も取材などでかぶり物やカチューシャをつける時に「きつくないかな?」と主人公同様の気持ちになるといい、「僕自身も見つめ直す作品になるかも」とした。

 ヒロインとなる芳根が演じるのは、主人公の同僚にして26年間恋愛経験ゼロの通称“ロボット女”。「正反対の2人がどういうふうに変化していくのか楽しみ」とコメントした。

 山田とは、20年の映画「記憶屋 あなたを忘れない」以来2度目のタッグで、「以前ご一緒させていただいた時は、私が重いものを抱えている設定で毎日苦しかったのですが、山田さんが助けてくださって救われました。お互い支え合えたら」と言うと、山田も「お芝居がものすごく上手なので、安心感がありますし、お互いにお芝居を楽しめるんじゃないかな」。

 “キュンが難しい”不器用な大人の恋愛ストーリーで、キャッチコピーは「キュンムズ」。山田自身が、「30代直前の山田涼介のラブコメをお楽しみに」と言うように、新たな一面が見られそうだ。

芸能

×