【日本ハム】守護神候補筆頭・杉浦稔大が開幕に黄色信号 左半膜様筋の肉離れで試合復帰まで3週間

スポーツ報知
杉浦稔大

 日本ハムは13日、杉浦稔大投手(29)が、沖縄・名護市内の病院で精密検査を受け、左半膜様筋の肉離れ(1度)と診断されたことを発表した。14日からは、ファームキャンプに合流してリハビリを行い、ゲーム復帰まで約3週間の見通しだという。

 杉浦は昨季、初めて抑えとしてシーズンを過ごし、56試合に登板。3勝3敗、防御率2・96で、リーグ3位の28セーブを挙げた。ビッグボス・新庄剛志監督が就任した新体制でも、守護神候補筆頭だったが、まさかの離脱。3月25日にペイペイDでソフトバンクと戦う開幕戦に間に合うかは微妙な状況となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×