新浜立也のスタートは「あのような形になるともうスピードに乗れない」…大菅小百合さんが指摘

スポーツ報知
新浜立也

◆北京五輪 ▽スピードスケート(12日・国家スピードスケート館)

 男子500メートルで、日本記録保持者の新浜立也(高崎健康福祉大職)はまさかの20位。やり直しのスタートでバランスを崩した。出遅れを取り戻せなかった。06年トリノ五輪500メートル8位入賞の大菅小百合さんにスタートについて聞いた。

 * * *

 新浜選手のスタートのつまずきは、あっーという感じでした。あのように、つんのめる形になってしまうと、もうスピードに乗ることはできません。もったいなかったです。フライング判定後の2本目のスタートで慎重になったのか、最終組で狙いにいって気持ちが先にいったのか、原因はいろいろ考えられます。

 フライングは微妙なタイミングでしたが、少しでも体が動けばやり直しになります。取る人もいれば取らない人もいます。スタートの構えに入って、早くピストルを打つ、遅く打つなどスターターによってクセもあります。その駆け引きも勝負の大事なポイントになってきます。

 ◇大菅小百合(おおすが・さゆり) 1980年10月27日、北海道・標津町生まれ。41歳。白樺学園高から99年に日本電産サンキョーに入社。五輪は02年ソルトレークシティー大会で初出場。06年トリノ大会は500メートル8位。07年に500メートルで当時の日本記録となる37秒51をマーク。自転車でも04年アテネ五輪に出場。06年に大和ハウス工業へ入社し、11年6月に現役を引退した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×