【東京2R・3歳新馬】ユキノプリンセスが好位から押し切って初陣V 川島信二騎手「天も味方しました」

スポーツ報知
デビュー戦に勝利したユキノプリンセス(右)

 2月12日の東京2R・3歳新馬(ダート1400メートル=16頭立て)は、メンバー中唯一の関西馬のユキノプリンセス(牝、栗東・南井克巳厩舎、父シルバーステート)が好位から最後の直線で抜け出して初陣を飾った。勝ちタイムは1分25秒5(重)。

 好スタートを決めると好位3番手を確保。道中は折り合いもついてリズム良く追走した。最後の直線で早めに先頭に立つと、外から迫った1番人気のビートエモーションの追撃を首差しのぎ切り、先頭でゴールを駆け抜けた。

 川島信二騎手は「スムーズにスタートも切れたし番手で折り合いながら運べました。跳びの軽い走りをするので脚抜きのいい馬場になって天も味方しました。オーナーのご厚意で当歳の時から生産牧場に行って家族で見させてもらっていた馬でしたので勝ててうれしい」と喜びをかみしめた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×