乃木坂46新内眞衣、卒業セレモニー「一度も後悔がない位楽しかった」

スポーツ報知
卒業セレモニーを行った乃木坂46新内眞衣

 乃木坂46の新内眞衣が10日、都内で卒業セレモニーを行った。

 アンコールの最後。一片の曇りもない表情で、新内は別れを告げた。「正統派とかそんなアイドルじゃなかったかもしれないですけど、乃木坂46として走り続けた9年間はとても大切なものになりました。本当にありがとうございました」。満面の笑顔で5000人のファンに手を振り続けた。

 2013年に2期生オーディションに合格。同期最年長メンバーとしてけん引しつつ、14年に大学卒業後はニッポン放送の関連会社に就職。18年3月までOL兼アイドルとして二足のわらじで活躍してきた。

 ライブ中盤には、メインMCを務めてきたニッポン放送「乃木坂46のオールナイトニッポン」の名物企画「妄想結婚式」を敢行。メンバーから“祝辞”をもらう中、新内は紫色のウェディングドレス姿も披露。「学生時代に受け入れてもらえなかった性格を全国の皆さまに届けるのは不安でしたけど、リスナーの皆さんはそんな私の性格を受け入れてくれた」と感慨深げに語った。

 初めて選抜入りした「太陽ノック」やソロ曲の「あなたからの卒業」など全9曲を披露。「一歩踏み出す勇気さえあれば、10年後も笑っていられる自分がいると思っています。皆さんも踏み出す勇気を受け取って頂ければ。乃木坂に加入して一度も後悔したことがない位楽しかった。本当に幸せでした」と締めくくった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×