【中日】名古屋大出身の育成・松田亘哲が1軍昇格 黒縁ガリ勉メガネからコンタクトで「自分を変えたい」

松田亘哲
松田亘哲

 中日は9日、育成の松田亘哲投手(24)がマルク投手(26)とともに第3クールの10日から1軍の北谷キャンプに昇格すると発表した。国立の名古屋大学出身のサウスポーは、立浪政権初実戦となる11日の紅白戦にも登板予定。「結果を求めて、自分の出せる力を出そうと思います」と話してきた通り、アピールの機会をつかんだ。

 背水の3年目を迎えた今季は、風貌にも変化が生じている。これまでは人気漫画「グラゼニ」の主人公・凡田夏之介のような黒縁メガネがトレードマークだったが、コンタクトレンズに。「今までの自分を変えたい」と周囲に明かしていたという。視界良好の効果もあってか、3日のストライクテストでは30球中、20球のストライクを投げ、4位タイの成績を残した。

 昨年、ウエスタン・リーグで初登板し、16試合で0勝2敗、防御率3・38。「後がないので、いい成績を残して早く支配下契約を目指したい」。ガリ勉をほうふつとさせるメガネを捨てた秀才左腕が、3ケタの背番号にも別れを告げる。(表 洋介)

 ◆松田 亘哲(まつだ・ひろあき)1997年5月16日、愛知・岩倉市生まれ。24歳。岩倉北小1年で野球を始め、岩倉中では「小牧ジュニアハイスクールベースボールクラブ」に所属。江南高ではバレーボール部で、名大で硬式野球を始める。19年育成ドラフト1位で中日入団。176センチ、78キロ。左投左打。

  • トレードマークだった黒縁メガネ姿

    トレードマークだった黒縁メガネ姿

松田亘哲
トレードマークだった黒縁メガネ姿
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×