「劇場版 呪術廻戦 0」興行収入104億円で「とても幸せ」 昨年最高「シン・エヴァ」超える

興収100億円を突破した「劇場版 呪術廻戦 0」(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会(C)芥見下々/集英社
興収100億円を突破した「劇場版 呪術廻戦 0」(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会(C)芥見下々/集英社

 東宝は7日、昨年12月24日に公開されたアニメ映画「劇場版 呪術廻戦 0」(朴性厚監督)が公開43日間で興行収入100億円を突破したと発表した。

 東宝によると、昨年12月24日~今年2月4日までの43日間で、興収100億円を達成。今月6日までの公開45日間の興収は、104億5632万2400円を記録した。観客動員は760万3732人に上った。

 昨年公開された国内作品で、唯一の興収100億円超えを記録したアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(庵野秀明総監督)は、公開初日から127日間で興収100億円を突破。同作の最終的な興収は102・8億円で、「呪術」は同作を上回った。本作製作のMAPPAは「100億という数字になかなか実感は湧きませんが、この映画を多くのお客様に楽しんでいただけたら、作品を制作した社員、クリエイター一同、とても幸せです」と喜びのコメントを寄せた。

 「呪術廻戦―」は、全国417館(IMAX39館含む)の映画館で上映され、公開初日に興収10億円を突破。公開3日間では興収26億9412万8150円を記録するなど、大ヒットスタートを切っていた。今月5日からは、MX4D(全国80館)や4DX、最新鋭のHDR映像技術などが体感できる「ドルビーシネマ」での上映を開始。さらに、今月は来場者プレゼント第3、4弾を配布することから、興収・観客動員の上積みが期待される。また、12日に実施予定の舞台あいさつでは“超重大発表”があることが予告されている。

 「呪術廻戦」は、「週刊少年ジャンプ」で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんの人気漫画が原作。人間の負の感情から生まれる「呪霊(じゅれい)」と、呪いをはらう「呪術師」の戦いを描くダークファンタジー。シリーズ累計発行部数は、6000万部(電子版含む)を超え、テレビアニメ化もされた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×