【巨人】山口俊がS班に合流、カットボールは9球試投「感覚は悪くない」今後も完成度高める

スポーツ報知
ブルペンで投球練習をする山口俊

 巨人・山口俊投手(34)が6日、立ち上げ班からS班に合流して今キャンプ3度目のブルペン入り。当初は早くても第2クール最終日か、第3クールで捕手を座らせてのブルペン投球を再開する予定だったが、前倒しして59球を投じた。

 力加減は「4、5割くらい」と軽めの投球だったが、「イメージよりもだいぶ早く上がってきているかなと。出力自体はまだまだ全然ですけど、投げて固めていくという段階には来たのかな」と手応えを口にした。

 昨季終盤に数球投げたカットボールは9球試投し「感覚は悪くない、優先順位を上げて使っていけたら」。直球に近く小さな変化で、球数を抑えて打ち取る狙いがあると明かし「無意識のうちにどうしても曲げにいってしまうので。その感覚がなくなってくればまとまってくるのかな」と山口。感触を確かめながら、今後も完成度を高めていく。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年