【巨人】14年ア・リーグ最高勝率16勝4敗右腕シューメーカー獲得へ 新外国人補強第4弾

巨人
巨人

 巨人が新外国人投手として、前ジャイアンツのマット・シューメーカー投手(35)の獲得に動いていることが4日、分かった。14年にはエンゼルスで16勝をマークするなど、メジャー通算46勝の本格派右腕。交渉は進められており、すでに条件は合意に達して、メディカルチェックを残すのみという情報もある。円熟味ある投球で先発ローテの一角としての期待がかかる。立派なあごひげがトレードマークの右腕がV奪回、そして悲願の日本一への“ラストピース”となりそうだ。

 原巨人のこのオフ4人目となる外国人補強の動きが判明した。メジャー通算46勝を誇る右腕シューメーカーの獲得に乗り出していることが分かった。

 シューメーカーは188センチの長身から平均148キロの直球を投げ込む本格派右腕。スプリットを決め球に、高速シンカー、スライダー、ナックルカーブも持ち球とする。

 その経歴は“苦労人”と言える。東ミシガン大時代にドラフト指名されず、08年のサマーリーグでプレー中にエンゼルスのスカウトの目に留まって1万ドル(約115万円)の格安契約金でプロ入り。マイナーで6年間という長い下積みを経て13年にデビュー。14年にブレイクを果たし、8月に6勝1敗、防御率1・31で月間MVPを獲得するなど16勝4敗、ア・リーグトップの勝率8割を記録した。

シューメーカーの年度別大リーグ成績
シューメーカーの年度別大リーグ成績

 同年オフには日米野球にMLB選抜として出場。侍ジャパンを相手に第1戦先発を託されて5回2失点ながら敗戦投手となったが、大谷との投げ合いとなった第5戦では5回2安打無失点ときっちり雪辱。メジャー最高峰の力を見せつけた。

 度重なる故障にも泣かされたが、その都度乗り越えてきた不屈の闘志の持ち主でもある。16年に打球を頭に受け頭蓋骨を骨折。19年にはブルージェイズに移籍して開幕から3連勝と好スタートを切ったが、4月に挟殺プレー中に左膝十字靱帯(じんたい)を断裂する大けがを負い、残るシーズンを棒に振った。

 昨季はツインズで11試合の先発を含む16試合に登板し3勝8敗、防御率8・06。8月に戦力外通告を受けてジャイアンツとマイナー契約を結んだ。昨季のマイナー成績は5勝3敗、防御率3・79も、70回1/3で71奪三振と球威は健在であることを示していた。

 9月に36歳を迎えるが、経験を投球術に還元するように近年は打球の約5割がゴロと、打たせて取る傾向が強くなってきている。まだまだ一線級で輝けると判断して、白羽の矢を立てた。立派なあごひげがトレードマークのワイルド系右腕が、巨人のV奪回、そして日本一への切り札となる。

 ◆マット・シューメーカー 1986年9月27日、米ミシガン州生まれ。35歳。08年のサマーリーグでエンゼルスのスカウトの目に留まりプロ入り。13年にメジャーデビュー。14年に16勝4敗とブレイクし、新人王投票で2位に入った。19年にブルージェイズ移籍。21年はツインズなどでプレー。188センチ、102キロ。右投右打。

巨人
シューメーカーの年度別大リーグ成績
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×