“女子のセンバツ”決勝 4・3東京ドームで初開催

スポーツ報知
昨年大会で初優勝を決め、喜ぶ開志学園ナイン

 全日本女子野球連盟は4日、3月26日に開幕する第23回全国高等学校女子硬式野球選抜大会の決勝を、初めて東京ドームで行うと発表した。夏の女子高校野球選手権大会は昨年、決勝を甲子園で行ったが、“女子のセンバツ”は東京ドームで頂点を争うことになった。

 同大会は埼玉県加須市を中心に行われ、今回は過去最多の36校が出場。準決勝までは同市内で行われる。決勝は4月3日、巨人・阪神戦終了後の午後6時試合開始予定。巨人戦を観戦した人はそのまま引き続き決勝を観戦できるという。決勝のみを観戦する場合、当日券は1500円。

 巨人の宮本和知・球団社長付女子野球アドバイザーは「初の東京ドーム開催ということで、私自身ワクワクしています。大会出場も38チームに増え、女子高校野球もどんどん盛り上がっていると感じています。そんな中での『夏の甲子園』に続く『春の東京ドーム』が実現し、女子選手の夢がまた一つ増え、これまで女子野球を応援してきた立場からもうれしく思います。ぜひ、東京ドームで開催される決勝戦を目指して、そして決勝の舞台・東京ドームで優勝を目指して、選手たちには熱い戦いをみせてほしいです」とコメントしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×