マダイ、3・4キロ!海を知り尽くす船長のピンポイント指示でヒット…茅ケ崎港・ちがさき丸

スポーツ報知
3・4キロのマダイ。魚の王様と言われるだけあって顔に風格がある

 大好きなサザンオールスターズの聖地で釣りをした。湘南茅ケ崎港の報知指定・ちがさき丸に乗船、マダイを狙った。当日は風も波も穏やか、目指すは3キロ超の大型マダイだ。船上カメラマンはサザンの名曲「チャコの海岸物語」を口ずさみながら、米山茂明船長の操船で相模湾に繰り出すと、マダイ以外にも多彩な魚が上がってきた。

 出船は東の空が少し明るくなった午前6時30分。釣り場の茅ケ崎沖に着く前に米山船長に釣り方のレクチャーを受けた。「指示したタナ(魚の泳層)から仕掛けを下げないでください。道糸に付いている1メートルごとの目印とリールのカウンターで確認して下さい」と正確なタナの取り方を教えてもらった。最初の釣り場での指示ダナは水面下55メートル。茅ケ崎沖を知り尽くした米山船長は魚群探知機を見て魚のいる水深を見極め、釣り人にピンポイントで指示する。

 左舷後方に陣取っていた相模原市の平山一仁さんの竿が大きく弧を描いた。上がったのは1キロオーバーの良型マダイだった。「(指示ダナの)一ヒロ(約1・5メートル)上からコマセを出していって、少し落としたら『ドン』とアタリがきました。餌がタイの目の前にいったんだと思います」と振り返った。

 右舷胴の間では武蔵村山市の平山さん夫妻が竿を出していた。先にマダイを釣ったのは妻の登紀絵さん。良型を手に「ほかの船ですけど、年末には4・8キロを釣りました」と笑顔を見せていた。夫の秀樹さんもマダイをゲット、クロダイやイナダ、アジも釣り上げた。「魚をさばくのは私で、料理は奥さんがやってくれます。冷蔵庫にはいつも釣った魚でいっぱいです」と話す。この日最大、3・4キロのマダイを釣りあげたのは、茅ケ崎市の渡辺亮さん。「今年一番でかいマダイです。指示ダナの少し上で食ったみたいです」と喜んだ。

 「相模湾ではマダイのはっきりとした乗っ込み(産卵のため魚が浅場へ移動すること)がないので、数釣りはできませんがいろいろな種類の魚が釣れます。クロダイやイナダ、イシダイ、アジ、メジナ等の五目釣りがお勧めです」と米山船長。相模湾ではマダイ中心の五目釣りが楽しい。(ペン&カメラ・越川 亘)

 ◆マダイ釣りのタックル

 ▽竿…3メートル前後の胴調子。オモリ負荷30~50号▽リール…両軸や小中型電動タイプ▽道糸…PE2~4号▽仕掛け…腕長40~50センチの片天ビンにオモリ60~80号、サニーカゴFL~Lサイズ、直径1・5ミリクッションゴム1メートル、ハリス3~6号6~10メートル、ハリはマダイ9号1本▽餌…オキアミ

 ◆めも マダイ釣りの近況、乗合船は茅ケ崎港ちがさき丸(TEL0467・86・1157)。乗合船は午前6時30分出船。料金はアミコマセ、氷1個付きで1万500円。オキアミ餌は別売り。女性、中高生は2000円引き。レンタルタックルあり。駐車場完備。

 ちがさき丸では“サブスク”を行っている。1か月4万5000円(税別・餌代別)で平日の釣り船が乗り放題となる。スタンプ等の他のサービスは受けられないが、5回以上の乗船で元が取れる計算。人数限定で期間は7月まで。ホームページでは乗船予約も行っており、席の指定も可能だ。早朝に並んでの場所取りなどが不要になる。

 このほか以下の船宿からもマダイ乗合船が出る。

 ▽テンヤ釣り 

 平潟港第三隆栄丸(TEL0293・46・2133)

 日立久慈港大さん弘漁丸(TEL0294・52・3504)

 鹿島港植田丸(TEL0299・82・3773)

 大原港松栄丸(TEL0470・62・0571)

 金沢八景弁天屋(TEL045・701・9061)

 ▽コマセ釣り

 保田港弥生丸(TEL0470・55・0747)

 腰越港孝太郎丸(TEL0467・31・1344)

 早川港平安丸(TEL0465・22・0676)

 古宇港吉田丸(TEL055・942・2565)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×