【藤原義雄の南紀直送便】釣行後は道具の手入れをしっかりと

スポーツ報知

 皆さんは、釣行後に道具の手入れはしていますか? ほったらかしなんて、もってのほか。潮水やまき餌が付いたままでは、すぐに劣化してしまいますよ。今回は藤原流、釣行後の道具の手入れ方法を紹介します。

 私は使った道具やウェアは全部その日のうちに潮を抜き、翌日に乾燥させることにこだわっている。まずはロッドケース、ブーツ、バッカン、ライブウェル、クーラー、道具入れ、刺し餌入れ、まき餌シャク、マゼラーを洗剤の付いたタワシで洗い上げる。

 次にウェアだ。オールウェザースーツ(またはレインスーツ)を水を張ったおけにしっかり漬けておく。そして、フローティングベスト、グラブ、尻当てを液体洗剤が染みこんだスポンジで軽くこすって汚れを落とす。その後、漬けておいたウェアを水から出し、軟らかいスポンジに液体洗剤を付けて極々、軽くこすって汚れを落とし、水を張り替えたおけに再び漬け、水道水を出しっ放しにしながら混ぜて、すすぐ。ウェアは3回に1回の割合で防水スプレーをかけ、雨対策のメンテナンスをしておく。

 お次は竿と玉の柄、リール。竿は、竿先を折ってしまわないよう慎重に!まず尻栓を外して竿尻にホースの先を当て、強めに水をかける。このときトップカバーを付けたままにすることが大事。次にホースの先端にタオルを巻き、トップカバーを外して元竿から1番竿までチョロチョロと水をかけながら丁寧に洗い、まき餌などの汚れを取る。終われば竿を立て掛けて水を切り、乾いた布で拭く。一晩乾かした後、竿尻からドライヤーで風を送って内部を乾かす。このとき絶対に熱風を使わないこと。高温で乾かすとブリスター(塗装部に水ぶくれや気泡ができること)になることがあるのだ。

 同じく玉の柄も尻栓とトップのゴムを外し、ホースで尻から勢いよく水をかける。表面は、竿と同様にホースにタオルを巻いて水を少量出しながら丁寧に洗う。終われば乾いた布で水気を取り、自然乾燥させる。

 そしてリール。丸ごと水洗いするのが藤原流だ。ドラグをきつく締め、水道水で汚れを流す。スプールのラインには長めに水を掛けて潮を抜く。その後、スプールを本体から外して、ぬれた布で汚れをきれいに拭き取れば完了。最後はウキを水洗いして、ベストに入れていた小物類などをぬれた布で拭くと終了だ。

 やることは多いが、大切な道具を長く使うためには必要だ。ぜひ、ご参考に。

 ◆藤原 義雄(ふじわら・よしお)1950年9月20日、徳島・鳴門市生まれ。71歳。21歳からグレ釣りを始め、数々のトーナメントで活躍。「ゼロスルスル釣法」の考案者。がまかつ、マルキユーなどメーカー数社のインストラクターを長年、務める。グレ闘友会会長。和歌山県白浜町で餌・釣具店「フィッシングベース海クン」を経営し、南紀の磯釣りに精通。プロ野球は大の巨人ファン。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×