鈴木亮平「やっと俳優の肩書きに自信持てる」…キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞

スポーツ報知
助演男優賞を受賞した鈴木亮平

 「第95回 キネマ旬報ベスト・テン表彰式」が2日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで行われ、俳優の鈴木亮平が、映画「孤狼の血 LEVEL2」(白石和彌監督)で助演男優賞を受賞した。

 きらめく黄金のトロフィーを手にした鈴木は「思った以上に重いんですね。ずっしり来てびっくりしています。賞の重みを感じます」と緊張した様子で喜びを語り、「やっと『俳優という肩書きに自信を持って映画に出ていいんだよ』という許可をいただいたような気がします」と胸を張った。

 「孤狼の血 LEVEL2」では、極悪ヤクザ・上林成浩役を演じたが、「悪役ではあるけど、悪人としては演じたくないと思った」と明かし、「上林の目線から見た時に、正義と悪がオセロのように反転していくようなところを大事にしたいと思いました」と振り返っていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×