上白石萌歌がドラマ「金田一少年の事件簿」ヒロイン七瀬美雪役「まさか自分がやらせていただけるなんて」

日本テレビ系「金田一少年の事件簿」に出演する(左から)上白石萌歌、道枝駿佑、沢村一樹
日本テレビ系「金田一少年の事件簿」に出演する(左から)上白石萌歌、道枝駿佑、沢村一樹

 なにわ男子・道枝駿佑(19)が主演する日本テレビ系4月期ドラマ「金田一少年の事件簿」(日曜・後10時半)の主要キャストが29日、分かった。ヒロインの七瀬美雪役を女優・上白石萌歌(21)が、剣持警部役を俳優・沢村一樹(54)が務める。

 1995年にKinKi Kids・堂本剛(42)主演でドラマ化されて以来、道枝は5代目の金田一一(きんだいち・はじめ)となるが、美雪役、剣持警部役も同様に5代目になる。

 金田一少年の幼なじみで相棒の美雪を演じる上白石は「過去の作品を見ながらも、自分なりの美雪像を作っていけたらと思ってます」と抱負。14年放送の「金田一少年の事件簿N(Neo)」で「銀幕の殺人鬼」の犯人役を演じて以来の“復帰”に「まさか自分が美雪役をやらせていただけるなんて思っていませんでした」とコメント。初共演の道枝については「透明感があって、お芝居に対して一生懸命な姿やまなざしがすてきだなと思っています」と撮影を心待ちにしている。

 剣持警部に扮(ふん)する沢村は「このドラマを通じて『若い人たちをちゃんと理解できる大人もいる』ということもしっかり表現できたらいいなと思っています」と意気込みを語っている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請