日本代表DF中山雄太が左足つま先挫傷で別メニュー 前日練習で負傷

スポーツ報知
28日の練習に参加していた中山雄太

 カタールW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(2月1日・埼玉)に臨む日本代表は29日、千葉県内で練習を実施。DF中山雄太(ズウォレ)は別メニューで調整した。

 日本サッカー協会広報によると中山は左足つま先の挫傷で、28日の練習で痛めたという。この日午前に検査を受け異常はなかったが、大事を取って全体練習には参加しなかった。

 27日の中国戦では後半13分にDF長友佑都(FC東京)に代わって途中出場すると、3分後の同16分に絶妙なクロスでFW伊東純也(ゲンク)のゴールをアシスト。左サイドバックとして試合を重ねるごとに存在感を増しているとあって、状態が心配される。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×