囲碁の現役最年少棋士が誕生 12歳・張心治さん「目標は父です」 張栩九段の次女

スポーツ報知
現役最年少棋士になる張心治さん(中央)。両親の張栩九段と小林泉美七段も祝福に駆け付けた

 囲碁の女流特別採用棋士採用試験の最終日が29日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、院生の張心治(ちょう・こはる)さん(12)が最終戦に勝ち、4月1日に女流特別採用棋士として入段(プロ入り)することが決まった。

 張さんは現在12歳2か月で、入段する4月1日時点で12歳4か月。現在最年少の仲邑菫二段は同時点で13歳0か月のため、張さんが現役最年少棋士となる。

 張さんは、2009年に史上初めて五冠を獲得した台湾出身の張栩(ちょう・う)九段(42)と05年に女流初のグランドスラムを達成した小林泉美七段(44)の次女。姉の心澄(こすみ)初段(15)も2020年に入段し、棋士として活動している。

 母方の祖父母である小林光一名誉三冠(69)・小林礼子七段(96年死去)、曽祖父の木谷実九段(75年死去)も棋士。一家での合計タイトル数は125に上る。

 張さんは「うれしいです。ホッとしています。両親から特に話はなかったので、プレッシャーはなかったです。実力不足なのでもっと強くなりたいです。目標は父です」と語っていた。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×