宇田幸矢、戸上隼輔組が接戦制し決勝へ 決勝は張本智和、森薗政崇組と対戦…全日本卓球

男子ダブルス決勝に進出した宇田幸矢(左)、戸上隼輔組
男子ダブルス決勝に進出した宇田幸矢(左)、戸上隼輔組

◆卓球 ▽全日本選手権 第6日(29日、東京体育館)

 男子ダブルスで、宇田幸矢、戸上隼輔(ともに明大)組が決勝進出を決めた。準決勝に臨み、中村煌和、萩原啓至(ともに愛知・愛工大名電高)をフルゲームで退けた。29日、30日は有観客開催で、試合後は宇田、戸上ともに観客席に手を振って応援に応えた。

 また、同日に大島祐哉(木下グループ)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けた。これにより、大島、田添健汰(木下グループ)組は同準決勝を棄権となり、対戦予定だった張本智和(木下グループ)、森薗政崇(BOBSON)組が決勝に進んだ。

 宇田、戸上組と張本、森薗組による決勝は、午後3時40分に行われる予定。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請