最終予選いまだノーゴールの南野拓実がサウジアラビア戦へ決意「結果で示せれば」

スポーツ報知
南野拓実

 カタールW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(2月1日・埼玉)に臨む日本代表MF南野拓実(リバプール)が29日、オンライン取材に応じた。

 2次予選ではW杯予選で歴代最長となる7試合連続ゴールを達成した背番号10だが、最終予選ではいまだ無得点。27日の中国戦も好機で不発に終わった。「チャンスはあったのでゴールかアシストの結果を出したかった」と悔やむ一方、10月のアウェー戦で敗れたサウジアラビアとの一戦に向けて「結果でチームの勝利に貢献できれば」と言葉に力を込めた。

 中国戦では4―3―3の左FWに入ったが、これまで以上に中央にポジションを取ってプレーした。「自分が一番得意なスペースだし、そこでどうやって前を向けるか。サコ君(大迫)がボールを持った時に近くでどれだけプレーできるか、サコ君が空けたスペースをどれだけ使えるのかイメージしていた」と南野。「試合を重ねるごとに良くなっている部分はある。だからこそ次の重要な一戦で結果で示せれば」と最終予選初ゴールを誓った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×