有村架純、保護司役に強い思い入れ「口から出てしまうくらい、あふれる感情があった」

スポーツ報知
映画「前科者」の公開記念舞台挨拶に登壇した有村架純

 女優の有村架純が29日、都内で主演映画「前科者」(岸善幸監督、公開中)の公開記念舞台あいさつに共演の森田剛、磯村勇斗、若葉竜也らと出席した。

 コンビニでアルバイトをしながら犯罪者の更生を手助けする保護司として奮闘する阿川佳代を演じた。約1年前の撮影を振り返り「忘れられない2か月間だった。ぎゅっと凝縮された濃厚な時間がスクリーンにもぶわっと感じるものがあって、いろんな日々が走馬灯のように思い出す」と語った。

 かつて殺人の罪で服役し、更生を目指す工藤誠(森田剛)と向き合うクライマックスシーンについて、有村は「感情のピークはそこにあって、そのためにどう気持ちを積み上げていくか。台本を読んだ時、胸からのど元まではい上がってくる感情が、口から出てしまうくらい、あふれる感情があった」。森田に平手打ちをする場面が印象的で「とにかく本気でやるぞって心に誓って、その日を迎えました」と振り返った。

 保護司は非常勤の公務員ながら無報酬のボランティア。有村は「この作品が見た人の心に残る作品であってほしい。まだ緊張感のある状況でも、足を運んでくれるお客様がいる。それだけでうれしい。この作品を見て、人を救う、人に寄り添う、人を許す、ということを考え、自分と向き合ってくれる人が増えたら幸せです」とメッセージを送った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×