伊藤美誠、早田ひながそろって女子単で4強入り…全日本卓球

スポーツ報知
女子シングルス準決勝に進出した伊藤美誠(カメラ・堺 恒志)

◆卓球 ▽全日本選手権 第6日(29日、東京体育館)

 女子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪混合ダブルス金メダルの伊藤美誠(スターツ)が木村光歩(中部電力)を4―1で破り、5年連続で4強入り。混合ダブルス、女子シングルス、同ダブルスで初の「3冠」に挑む早田ひなは、所属先の日本生命の後輩・長崎美柚を4―1で下し、準決勝に進んだ。

 28日の6回戦で連覇が懸かった石川佳純(全農)を撃破した加藤美優(日本ペイントマレッツ)は、大藤沙月(大阪・四天王寺高)を4―2で破り、自身初の4強入りを決めた。ジュニア女子優勝の木原美悠(エリートアカデミー)が、平野美宇(日本生命)を6回戦で破ったカットマンの佐藤瞳(ミキハウス)に対し、ゲームカウント0―3から驚異の底力を見せ、4ゲーム連取。4―3の逆転勝利で準決勝に進んだ。

 伊藤と早田のペアは同日午後に予定される、女子ダブルス準決勝にも登場する。4連覇が懸かるダブルスでは、準決勝で永尾尭子(サンリツ)、南波侑里香(日本ペイントマレッツ)と対戦する。

 ▼30日の女子シングルス準決勝の対戦カード

加藤美優―早田ひな

伊藤美誠―木原美悠

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×