浅野拓磨、体調不良で中国戦欠場から復活「チームの輪を乱し申し訳ない」…サウジ戦へ「自分がやったる」

スポーツ報知
浅野拓磨

 W杯アジア最終予選・中国戦(27日)を体調不良のため欠場した日本代表FW浅野拓磨(ボーフム)が29日、オンライン取材に応じた。

 浅野は27日朝に鼻水、喉の痛みを訴え、大事を取って中国戦はベンチ外に。同日に受けたPCR検査でCt値が陽性パターンの数値を示した。だが、昨年12月前半に新型コロナウイルスに感染したため、回復後1~2か月は数値が高い例があり、陽性か陰性か判定できず。28日の再検査で陰性が確認され、練習に復帰した。

 「前日(26日)にちょっと鼻が出るなと感じてた。そこまで体調が悪いと思わず、試合当日に伝えた。夜中に起きた時も喉の違和感と鼻がダラダラ出てて、風邪ひいたかなと思った。チームの和を乱す形となって申し訳ない。試合当日にそういうことになり、申し訳ない気持ちと同時に、自分自身に悔しさを感じた」

 2―0で勝利した中国戦を宿舎で見た浅野は「リアルタイムで実況ありで見てるのは久しぶりで新鮮な感覚だった」。1―0から追加点が奪えない時間帯が続いたが「得点力不足と言われているのは間違いないし、もっと向上していかなきゃいけないけど、まずは勝ち点3を取るために何が必要か冷静に考える必要がある。焦ることなく自分たちのプレーを100%やればいいと感じてたし、それができてた」とし、「もっと攻撃陣の部分で、僕を含めて、ゴールに向かう姿勢やオプションを増やしたりクオリティーを上げることは必要だけど、それ以外は落ち着いて戦えてた」と語った。

 2月1日のB組首位・サウジアラビア戦にむけ「前の試合に出られなかったのはすごい悔しい気持ちが募ってる。前の試合の分も含めていい準備をして、チャンスがまわってきたら日本の勝利に導くという強い気持ちはある。毎試合、自分がやったるぞという気持ちは常にある」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×