J1札幌MFシャビエル合流「状態はいいと思う。今すぐにでも試合ができる」

スポーツ報知
足の裏を使ってボールキープするJ1札幌MFガブリエル・シャビエル(中央)

 J1北海道コンサドーレ札幌に加入したブラジル人MFガブリエル・シャビエル(28)が28日、沖縄キャンプ中のチームに合流した。来日時の10日間の隔離期間があったため、軽めの調整も「状態はいいと思う。今すぐにでも試合ができるくらいだよ」と強調した。

 札幌が力を最大限発揮できる場だと、判断した。5年間所属した名古屋は昨季、30失点とリーグ2位の堅守を誇った。一方で攻撃力が持ち味のシャビエル自身は20試合出場にとどまり、初の無得点に終わった。「苦しい時期を過ごした」。そこに届いた超攻撃的スタイルの札幌からのオファーに、迷いなどなかった。「自分の特徴を生かせるサッカーだったのは、誘いを受け入れた大きな理由だった。FWの近くでプレーしてパスを供給し、プラス得点も取りたい」と活躍へのイメージを膨らませた。

 途中合流にはなったが、焦りはない。「まずは仲間の特徴を知って、僕のことも理解してもらう。キャンプはチームに浸透するための期間。そうしていって僕自身がベストパフォーマンスを発揮できるようになれば、おのずとACLは近付く」。躍進の一因となる自信はある。卓越した技術を生かし、シャビエルが札幌の攻撃力を更にパワーアップさせる。(砂田 秀人)

 ◆ガブリエル・シャビエル 1993年7月15日、ブラジル出身。28歳。母国の名門サンパウロFCの下部組織でサッカーを始め、13年にポルトゥゲーザでプロデビュー。クルゼイロ、スポルチ・レシフェ、ヴィトーリアを経て、17年に名古屋(当時J2)へ期限付き移籍加入。同年のJ1昇格に貢献し、19~21年は完全移籍でプレーした。J1通算106試合13得点、J2は16試合7得点。169センチ、68キロ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×