NPB「感染予防ガイドライン」濃厚接触者疑いは隔離期間6日 2度の陰性判定が必要と規定

スポーツ報知
プロ野球

 24日の代表者会議で話し合った「新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」では、2年ぶりに有観客で行われるキャンプでの感染拡大を防ぐための対応策を盛り込んだ。

 急速な感染拡大で保健所の濃厚接触者判定が滞っている現状を考慮。陽性者が出た場合、各球団で幅広く「濃厚接触者疑い」を判定し、その際の隔離期間を2度の検査陰性判定を経た上で6日間と定めている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×