福山雅治「音楽を純粋に楽しんでみよう」ツアー延期会場で急きょオンラインライブ

スポーツ報知
東京・国立代々木競技場第一体育館で無観客オンラインライブを行った福山雅治

 歌手で俳優の福山雅治が28日、東京・国立代々木競技場第一体育館で無観客オンラインライブ「Another Story of Promise for the Future『裸の音』」行った。

 昨年11月から3年10か月ぶりの全国アリーナツアー(13か所28公演)を開催中。この日は同会場で東京公演を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で4月29、30日に延期された。それでも会場を押さえたままだったため、福山は「最強のメンバー、最強のスタッフがいる。音楽で生きる人たちと共に、ここで音楽をやろうじゃないか」と急きょ開催を決めた。

 準備期間は27日の1日だけ。福山は「完成、未完成を超えて音楽を純粋に楽しんでみようじゃないか。表も裏もなく、全部見せていこうじゃないか」と説明。「(エンターテインメントは)不要不急と言いますけど、音楽というものの役割、エンターテインメントというものの役割はどういうことなのか、僕ら自身が楽しみながら表現できれば」と約束した。

 約2時間、特設の中央ステージで躍動した。ツアーとは異なるセットリストで構成され、「HELLO」「IT’S ONLY LOVE」や「少年」などヒット曲を織り交ぜて14曲を披露した。

 「4月29、30日に、またここに帰ってきて、たくさんのオーディエンスの皆さんとやれるといいな―と想像力を働かせながら、ライブをやらせていただきました」。アンコールでは、白組トリとして昨年のNHK紅白歌合戦で歌った「道標」を歌唱。96年12月に初めて立った同会場での思い出を振り返りながら、「98年の(音楽)活動再開の原動力になった、僕にとって始まりの歌」という「Heart」の弾き語りで締めくくった。

 この日の模様は2月5日午後8時に再配信される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×