南野―長友“機能不全” 森保日本の左サイド渋滞解消には中山が適役 1日サウジ戦先発抜てきもある

スポーツ報知
サウジアラビア戦に向けて練習で汗を流す中山雄太(カメラ・小泉 洋樹)

 日本代表は28日、千葉県内でW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(2月1日)に向けた練習をスタートした。27日の中国戦には2―0と勝利したが、DF長友佑都(35)、FW南野拓実(27)の左サイドが機能不全に陥った。グループ首位サウジアラビアとの大一番に向け、改善点は何なのか。日本代表担当の金川誉記者が読み解く。

 勝ち点3というノルマを果たした中国戦の中で、気になったのは左サイドだ。右サイドはFW伊東、DF酒井らが好連係を見せて数多くのチャンスに絡んだ一方で、南野、長友からのチャンスは少なかった。リバプールという世界屈指のビッグクラブでプレーする南野と長年、日本を支えてきた長友で構成する左サイドの攻撃が森保ジャパンの「強み」となっていないのが現実だ。

 なぜ左サイドは停滞したのか。左FWの南野が中へと動いてスペースを空け、長友がオーバーラップする、というのは一つの狙い。左のインサイドハーフを務めたMF守田は、自身も前線に絡む狙いで高い位置を取ったことで「前が“渋滞”してしまう、動きが出ないな、と感じた。僕が多少引いて、そのスペースを確保してあげる、(ポジショニングに)段差をつくる、というのは必要だったかなと思う」と反省点を挙げていた。“渋滞”解消には、南野や長友の柔軟なポジショニングも必要だったはずだ。

 35歳となった長友の衰えを指摘する声も多いが、森保監督は今月16日の取材で「いろんなデータを取っても、佑都のパフォーマンスで批判を受けるようなデータは全く出ていない」と擁護していた。しかし今の問題点は、データに表れる数値ではない。DFの間でパスを引き出してシュートまで持ち込むプレーが得意な南野と、縦への推進力を生かしてクロスにつなげる長友が、互いの良さを引き出せていないことだ。

 ふたりは守備面での貢献も大きく、勝利した次の試合で先発を変える決断は難しい。中国戦では、長友と交代して後半13分から左サイドバックに入った東京五輪組のDF中山が、完璧なクロスで追加点をアシスト。結果を出した選手にチャンスを与えて競争を生み出すことで、チームはさらに成長する。後方から味方をサポートして攻撃を組み立てる中山なら、左サイドの“渋滞”解消にも適役ではないか。サウジ戦では長友に代わり、中山の先発抜擢(ばってき)もあるとみる。(金川 誉)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×