G大阪の新キャプテンに倉田秋「G大阪を常勝チームに戻す」 副キャプテンに三浦弦太、宇佐美貴史

スポーツ報知
G大阪・倉田秋

 G大阪は28日、今シーズンのキャプテンをMF倉田秋、副キャプテンをDF三浦弦太、FW宇佐美貴史が務めることを発表した。G大阪の下部組織出身で、33歳にして初の大役を与えられた倉田は、オンライン取材に応じ「選んでくれてうれしい。ずっとやりたいと思っていたので。(キャプテンマークを)つけるからには、責任を果たさないと。G大阪を常勝チームに戻す、という責任は感じています」と決意を明かした。

 「他の人の真似をしてもできない。自分らしくやっていく。片さん(片野坂監督)としっかりコミュニケーションを取って、チームがうまくいくようにやっていきたい」と語った倉田。片野坂監督とは27日に沖縄キャンプで個人面談も行い「自分以外ならキャプテンは誰がいいか、という話もあった。おれは、(宇佐美)貴史かな、と思った。(昌子)源や弦太、東君(東口)の名前を挙げて、一番みんなが声に耳を傾けるのは、貴史かなと思った。頭もいいし、しっかり言葉にできる選手なので」と明かしたが、この日キャプテンの指名を受けた。

 選手たちの声も聞いた中で、倉田をキャプテンに指名した片野坂監督は「アカデミー出身ですし、長くプレーしているし、ガンバのことをよく知っている。昨年、チームがうまくいかない状況でも、選手たちと自主的にミーティングをするなど、リーダーシップを発揮していたことも聞いています。そういった中で、チームのまとめ役というか、僕に対してもクラブに対しても話をできる選手」と指名の理由を明かした。昨季までキャプテンを務めた三浦、そして「キャプテンにすることも考えた。十分、資格のある選手」という宇佐美に副キャプテンとして、倉田のサポート役を託した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×