変わってきた(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は在宅でのパッチパチ。これから、こんなパターンが一時は増えるんだろうなぁ。ということで早速、パッチパチといきますか。

 さて、コロナ禍におけるマスク生活が続いていますが正直、休日には一歩も外に出ない、人と会わない日があったりします。まぁ、外に出るにしても、マスクを着けている状態。となると、ヒゲの処理への意識が甘くなってきます。元々、電子シェーバーを使うこともなく、風呂やシャワーの時にカミソリで剃るんですが、自宅では外に出るにしてもマスク着用だし、家で誰に見られるワケでもないし、と全く処理しない日が多い。栗東ではもちろん毎日、剃るんですが、自宅で剃ることは本当に少なくなってきた。

 で、つい先日のこと。在宅や連休などが重なって、5日ぐらい放っておいたんですが、さすがに結構なヒゲが顔を覆っている状態。恐らく、人生で最もヒゲが生えていたでしょう。そんな時に間が悪く、新しく引っ越してきたご近所さん、しかも若い女性がご挨拶にきたもんだから、タイミングが最悪です。寝起き直後だったこともあり、紙もほぼボサボサで、ヒゲも生やし放題のむさ苦しいオッサンが住んでいる隣の部屋…。どうやら、このご近所さんと仲良くなることはなさそうです…。

 ということで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 まずは中京9Rの白梅賞。オールドファンならダービー馬のスペシャルウィークが単勝241倍の地方馬、アサヒクリークに足元をすくわれたレースといえば懐かしい記憶がよみがえるのでは。今年は中内田厩舎の【アストロフィライト(牡、父ディープインパクト)】が出走します。朝日杯FSの勝ち馬、グレナディアガーズの半弟ですね。「放牧明けでも順調。調教の動きは変わらず良好です。ここも先が楽しきになるような競馬を期待しています」と福永助手。初戦時に比べると、動きはグンと良くなった感じがします。2戦目でどんな競馬になるのか、注目したいですね。

 中内田厩舎でいえば、来週の中京芝マイルで【ヴィスパメンテ(牝、父ドゥラメンテ、母ヴァリディオル)】が川田Jでデビューします。お姉さんに同じ中内田厩舎で、先頃引退したアンドラステがいますね。「調教ではいい動きを見せています。前向きすぎるぐらいのところを、実戦でいい面として、引き出せるように、うまく調整していきたい」と福永助手。アンドラステも3歳1月のデビュー戦を勝っていますし、姉に続くような結果を残してほしいところです。

 東京10RはクロッカスS。須貝厩舎の【プルパレイ(牡、父イスラボニータ)】が参戦してきましたね。ここ2戦でレースを少しやめようとする面を見せたようで、「調教ではその点を意識してやってみた。調教では問題なく、しっかりと走っている」と先週の段階ですが、須貝調教師は手応えをつかんでいました。今回は距離を詰めたという点でも勝負気配を感じますし、ここはしっかりと復活星を挙げてほしい。

 同じレースには【アルトシュタット(牡、父ロードカナロア)】も参戦します。こちらは岩田康Jが手応えを感じている一頭。「非常にセンスの高い馬で楽しみにしている。東京の1400メートルも問題ないし、今回も面白いんじゃないかな」と口にしていました。きょうだいからも多くの馬が勝ち上がっている血統ですし、3連勝に期待したいところです。

 さて、POG情報。来週は速くも中京開催が最終週。3歳戦ではきさらぎ賞が行われます。藤原厩舎で札幌2歳Sでは2着だった【アスクワイルドモア(牡、父キズナ)】、新馬勝ちの内容がいい池江厩舎の【フォースクエア(牡、父エピファネイア)】、池添学厩舎の【エアアネモイ(牡、父Point of Entry)】など未知の魅力も含めて、なかなか興味深いメンバーが集まります。

 ただ、個人的には友道厩舎の【ダンテスヴュー(牡、父キングカメハメハ)】に注目せざるを得ない。何せ、色々なところでプッシュしてきましたからね。正直、先週の段階、つまりは2週前追い切りの時、友道調教師の感触は「いい頃に比べるとね」と今ひとつでした。しかし、今週は明らかに変わってきましたね。「動きはよかった。ようやく(昨年の)夏場の動きに戻ってきたと思う。良くなってきた」と歯切れのいい言葉が並びました。確かにCWコースで優秀な時計です。友道厩舎にしては珍しいと思うんですが、2週前の段階から川田Jを乗せた調教を行ったことも、いいカンフル剤になったと言えるのではないでしょうか。

 変わってきたといえば、感触だけじゃなくて、馬の印象も変わってきているようです。「前はキンカメ産駒なのにディープ(インパクト産駒)みたいと言ってきたけど、やっぱりキンカメ産駒っぽいところが出てきた感じがする」と友道調教師は説明。全体的に体はガッチリとしてきたようで、そのあたりは血の力といったところでしょうか。昨年は兄のヨーホーレイクが2着と惜敗した舞台。弟で雪辱といきたいところです。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京3R・16ホウオウベリテ(さすが、この血統。ダートでは違った。前走は展開を考えると、強い競馬。順当Vだろう)

 続いては「馬券王への未知 延長戦」をどうぞ。

中京1R・10テーオーティラミス(追いかけているんです、この馬。前走はジワッと伸びた。まだ、良化の余地あり)

中京11R・5クインズヴィヴィ(先行激化必至。この馬の末脚が怖い)

小倉3R・2クリオズナ(この距離を待っていた。好枠生かした立ち回りで)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×