【ロッテ】井口監督、小島、ドラ1・松川、ドラ4・秋山らが母校のセンバツ出場を祝福

スポーツ報知
井口資仁監督

 ロッテの井口資仁監督と小島和哉投手らが、それぞれの母校の第94回センバツ高校野球大会出場を祝福しコメントを寄せた。

 国学院久我山高出身の井口監督は「おめでとうございます。OBとしてはハードルを高く全国をとるところを見てみたいと思っています。今のチームはしっかりとした的確な野球を展開しており、全国でもトップクラスの野球をしていると思います。とにかく私としては甲子園優勝が見てみたい!そう願っていますし、出来ると思います」とコメント。

 浦和学院高出身の小島は「新体制になって初めてのセンバツ出場おめでとうございます。世の中は大変な状況が続いていますが、まずは健康管理を第一に甲子園という舞台で堂々と戦う姿を期待しています。母校の頑張りは僕にとっても本当に励みになります。開催までのこの期間を大切にお互い頑張りましょう!」とコメントした。

 さらにはドラフト1位・松川の母校、市和歌山高も出場を決め「僕たち以上の成績を残してくれることを願っています!」などとコメント。二松学舎高出身のドラフト4位・秋山は「このような状況にも関わらず大会が行われることに感謝を忘れず、元気を与えられるようなプレーで、甲子園でも頑張ってください!」とエールを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×