エバートン新監督にランパード氏本命 最終候補者3人に絞られる

スポーツ報知

 1月16日にラファエル・ベニテス監督の解任を発表したエバートンの新監督候補が最終的に3名に絞られていることが明らかになった。

 英BBCが掲載した記事によると、エバートンのファルハド・モシリ・オーナーは前チェルシー監督のフランク・ランパード氏(43)、元FCポルト監督のビクトール・ペレイラ氏(53)、そして現在エバートンの代行監督を務めているダンカン・ファーガソン氏(50)の3人を新監督の最終候補者としたという。

 モシリ・オーナーは当初、ペレイラ氏の招へいに傾いたが、エバートン・ファンが猛反発したことで、ランパード氏とファーガソン氏を候補として追加した。

 英大手ブックメーカー『ウィリアムヒルズ』の次期エバートン監督候補のオッズを見ると、ランパード氏が1.33倍で断トツの本命。以下ペレイラ氏6倍、ファーガソン氏9倍と続いている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×