金メダル獲得で東京スカイツリーが金色に…北京冬期五輪期間中に特別ライティングで日本を応援

スポーツ報知
五輪期間中の日の丸ライティング(左)&メッセージ(中央上)と、金メダル獲得の際に実施される金色ライティング(右)&メッセージ(中央下)のイメージ(C)東京スカイツリー

 東京スカイツリーが、2月4日に開幕する北京冬期五輪に合わせ、日の丸などをイメージした特別ライティングやレーザーマッピングによるメッセージで日本を応援することになった。28日に運営会社が発表した。

 特別ライティングは、夜間のスカイツリーを彩っているさまざまな色を出せるLED照明器具で表現するもの。結団式が行われる今月29日と、2月4日から20日までの五輪期間中の午後6時15分(29日は午後5時45分)から午前零時の間、日の丸をイメージした白と赤に浮かび上がるほか、地上350メートルの展望デッキ外壁にも、レーザーマッピングによる「がんばれ!ニッポン!」の文字を投映する。

 さらに、日本選手団が金メダルを獲得した日には、午後10時まで金色のライティングと「金メダル!おめでとう!」の文字で祝福する(午後3時以降に金メダル決定の場合は翌日開催)。また、開会式の行われる4日の午後9時から11時の間は、大会成功を祈って開催地・中国をイメージした赤一色のライティングになる。

 東京スカイツリーはこれまでも、五輪やサッカーW杯の期間中に特別ライティングで日本を応援している。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請