【楽天】2年目の左腕・藤井聖「開幕ローテ」入りと「5勝」がノルマ

スポーツ報知
楽天・藤井は楽天生命パークでポール間走を行う

 楽天・藤井聖投手(25)が27日、仙台市内の楽天生命パークで自主トレを公開。20年ドラフト3位で加入した昨季は1軍登板なしに終わった左腕が巻き返しの2年目に向けて「開幕ローテ」入りと「5勝」をノルマに掲げた。

 このままでは終われない―。言葉の節々には強い決意がにじみ出ていた。「負けられない気持ちは強く持っています。去年よりも強く持ってやらないといけない」。今季は松井友、西垣、吉川と大卒・社会人卒の新人投手3人が加入。競争は激化し、昨年よりも与えられるチャンスが少なくなることが予想されるだけに、危機感を原動力に変えて結果を追い求めていく。

 昨季はイースタンで17試合に登板。1完封を含む4勝3敗、防御率3・56をマークしたが、81イニングで47四死球を与え、制球力に課題が見つかった。今オフは東洋大の同期でもあるDeNA・上茶谷と合同自主トレを敢行。制球力を向上させるためのフォームを一からつくり直した。リリースポイントを一定に保つ理想的なフォームを目指し、体幹トレや下半身強化を重点的に行ってきた。

 1軍スタートが決まったキャンプでは「1軍で完走するのはもちろん、けがなく終えることが一番ですし、さらにレベルアップできるように」と気合十分で臨む。「1年間、1軍でローテーションに入り、最低でも5勝は挙げたい」。分厚い投手層を考えれば高いハードルかもしれないが、藤井の目は本気だ。(長井 毅)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×