日本に0ー2完敗 中国代表指揮官「もっとサイド攻撃ができるかと…」…W杯アジア最終予選

スポーツ報知
前半、競り合う板倉滉(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯アジア最終予選B組 日本2―0中国(27日・埼玉スタジアム)

 日本代表はFW大迫勇也、MF伊東純也のゴールで中国を2―0で下し、勝ち点3を積み上げた。次戦(2月1日)はグループ首位のサウジアラビアとホームで対戦する。

*  *  *

 敗れた中国代表の李霄鵬監督は「我々は全力を尽くした。失点の時間帯を考えると、(失点は)我々のリズムを崩してしまうものだった。今回の負けに責任を感じる。大変申し訳なく思っている」と肩を落とした。

 枠内シュートはゼロ本。速攻のチャンスもほとんどなく、日本に試合を支配された。スカウティングの段階で「日本の弱点として、サイドから攻撃するチャンスができるかと思っていた」と明かしたが、「日本の強いプレスで困難だった」と振り返り、「もし我々の運がよければもう少しチャンスがあったと思うが、日本にもっとチャンスがあれば、もっと差が開いただろう。2失点目は非常に痛かった」と淡々と振り返った。

 就任後の初陣を落とし、これでグループ2位の可能性が消滅。わずかながら3位(プレーオフ進出圏内)の可能性が残っている。指揮官は「全ての試合に全力で臨む。200%の準備と努力で全ての試合に臨む」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×