FW伊東純也 ドンピシャリのヘッド弾で貴重な追加点「雄太からいいボールきた」…3戦連続ゴールがズバリ

スポーツ報知
後半、ゴールを決めた伊東純也(手前)を祝福する中山雄太(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯アジア最終予選▽B組第7戦 日本2―0中国(27日・埼玉スタジアム) 点【日】大迫、伊東

 日本代表FW伊東純也が後半に16分に貴重な追加点となるヘッド弾。左サイドから途中出場の中山雄太のクロスにドンピシャリと合わせ、ネットが揺らした。先制PK弾も相手のハンドを誘うクロスを上げるなど活躍した。

 「チームがかてればいい。雄太(中山)からいいボールがきた。あわせるだけだった。PKのきっかけのクロス?酒井くんがボールもったときに、あそこにスペースがあった。マイナスチックにあげようとおもったら、うまく手にあたった。点獲れたのはラッキー。点取れない時間帯があった?多くチャンスを作れたけれどきめきれなかった。あそこできめられれば楽になった。次に向けて修正したい。前に(サウジアラビアに)負けている。しっかり勝ってW杯近づけたい」

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×