福永祐一騎手が調教騎乗再開「大丈夫だと思っていたけど、やっぱり大丈夫だった」2月5日レース復帰

スポーツ報知
ジェラルディーナの感触を確かめた福永は自身の“好仕上がり”にも納得の笑み

 昨年12月の香港スプリントで落馬骨折し、療養していた福永祐一騎手(45)=栗東・フリー=が、2月5日の中京競馬からレースに復帰することが27日、決まった。この日、栗東トレセンで調教に騎乗し、好感触から復帰を即断した。

 骨折明けの名手が完璧に仕上がった状態でターフに戻ってくる。昨年12月12日の香港スプリントで落馬事故に巻き込まれ、左鎖骨骨折&手術も受けた福永が、栗東トレセンでの調教騎乗を再開し、久々を感じさせない手綱さばきを披露した。この日は坂路でリノユニヴァース (2勝クラス)、CWコースでは京都記念(2月13日、阪神)でコンビを組む予定のジェラルディーナに騎乗。「大丈夫だと思っていたけど、やっぱり大丈夫だった」と、来週の土曜中京からの実戦復帰を自ら決定した。

 現地の病院で診察を受け、帰国後12月17日に京都市内の病院で再検査。手術は同25日だった。「手術はうまくいった。骨はくっついて、ボタンで止めている状態。そんなに痛みもない」。術後の経過も良好で、予定よりも2週間早く復帰できることになったという。

 戦線離脱した2か月間は、「ゆっくりでいいわ」とマイペースの復帰を目指した。「リハビリは大してやっていない。筋トレもあんまりせず、(筋肉が)落ちたぶんだけ」と焦らず調整。土日に我が子と遊ぶなど、普段とは違う日常も満喫した。

 復帰週には、きさらぎ賞(2月6日、中京)でエアアネモイに騎乗する予定。新馬戦を3馬身差で完勝しており、きょうだいには20年東海Sを制したエアアルマスなどがいる良血。いきなりの重賞勝利にも期待がかかる。さらには、フェブラリーSに出走予定で同レース連覇を狙うカフェファラオとの新コンビ結成も決定。2022年のG1開幕戦にも間に合った格好だ。「そんなに痛みもない。思った以上に乗れている」。けがを乗り越えた27年目のベテランが、遅ればせながら新年のスタートを切る。(水納 愛美)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×