THE RAMPAGEデビュー5周年 「ランぺの頭脳」パフォーマー・山本彰吾が語る流儀とは

スポーツ報知
インタビューに応じたTHE RAMPAGEの山本彰吾

 16人組ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGEがデビュー5周年に当たる25日に新アルバム「RAY OF LIGHT」を発売した。ヤマショーことパフォーマーの山本彰吾(26)は「もう5年ですか、いろんなことをやらせてもらいましたが、長いような短いような感じです」と振り返った。グループを結成して8年になるが「この16人だからデビューできたし、年内にもドームツアーはやりたい」とも。メンバーへの思いや振付師としての苦労やプライベートまで。岡山の小さなダンス教室から“ランペの頭脳”と呼ばれるようになったヤマショーの秘密に迫った。(ペン・国分 敦、カメラ・森田 俊弥)

  ランペイジ4枚目のアルバムは、グループが2017年1月25日に「Lightning」でメジャーデビューしてから丸5年に当たる日に発売された。記念すべき1枚にはリード曲「RAY OF LIGHT」など新録5曲を含め13曲が収録されている。

 「デビューから5年ですか~。いろいろありましたね。そんな日にアルバムをを出せたのは、なんかうれしいです。新録は今の僕らに足りないモノ、ファンの人が欲しい作品をHIROさん始め、エイベックスさんが第一に考えてくれました。ただ『Jump』(ヴァン・ヘイレンのカバー)はちょっとイレギュラーで、2020年に一度ライブでやった曲で、今回、満を持して入れた感じです」

 MV(ミュージック・ビデオ)で必要になる振り付けは、挙手制で担当が決まるそうだ。

 「僕らってデビューしてから今まで全部、自分たちで振り付けをしています。新曲のデモテープが回ってきて、やりたい人が手を挙げるというか…。僕が本当にやりたい時は、デモ聴いた瞬間にグループLINEで『振り付けいいですか』って送っています。他の人と重なった時はメロの部分は誰々、サビを誰々とかの分け方をしたりします。今回のアルバムでは自分の振り付けは入っていないです」

 ―ヤマショー的な振り付けを生み出す方法とは。

 「まずやりたい曲をヘッドホンで流して、原宿とか表参道とかをひたすら歩くんです。2、3時間。曲をずっと聴きながらいろんな人や店とか見て、たまにバスに乗って、つり革持ちながらボーッとする時もあります。そんなことをしていると、突然鳥肌がゾーッと立つ瞬間があって、思い浮かんだのを一度頭の中でガーッと構成を決めて、スタジオに入る感じです」

 今までで心に残る振り付けは、尊敬する先輩の作品だという。

 「会心の一撃は最近だとEXILEさんのカバー『No Limit』です。『僕がやんなきゃいけないな』って直感的に感じたのもリアルで、デモが来た瞬間に『俺がやります』って、誰よりも早く王手、バコンっていう感じでした。誰にもやらせたくはなかったので…。先輩の『No―』のMVを何十回も見て、EXILEさんの振り付けの感じと僕らのスタイルをうまく交ぜられたらいいと思いながら作りました。結構、自信を持ってパフォーマンスできるかなって感じです」

 ランペイジにはEXILEとの兼任メンバーがいない。メリットとデメリットをどう感じているのか。

 「僕らもよくその話はします。メリットとしては兼任メンバーがいると『今のEXILEはこうだよ』っていうリアルな今の意見をグループに落とし込めますよね。デメリットでいうと憧れがなくなっちゃうのかなって。僕らってEXILEさんに憧れている中で、兼任メンバーがいないからこそずっと夢を見続けられるというか…。僕らが『やっぱ、あそこカッコいいよね』となった時に『実はあそこ、〇〇だったのよ』っていうのはいらない情報なんです。ある程度距離があった方が、夢を追いかけ続けられると思っています」

 ダンスを始めたのは小学生の時。EXILEの影響だったという。

 「10歳の時に『Choo Choo TRAIN』をMTVで見て、ダンスに目覚めました。岡山にはスクールみたいなのはなくて、母親が探してくれたのがスーパーの会議室みたいなダンス教室。ジャズダンスをしていた女性の先生で生徒はほぼ小、中の女の子。男は自分1人でめちゃくちゃ恥ずかしかったです。ただ、自分はスポーツも勉強も得意じゃなくて、自分の感情をむき出しにできるモノがなくて、ダンスは『しゃべる前に俺のダンス見てくれ』って、言葉よりも言葉だった気がしました」

 2014年にEXILEのパフォーマー・バトルに応募したのを機に、一気に人生の歯車が回り出した。

 「高校生の時は地元でクラブを借りて、DJやダンサーを集めてイベントを打っていました。そんな時期に母親がオーディションを見つけてきて、僕も調子乗っていたので『じゃあ行ったろうか』みたいな感じでしたね。いざ審査になった時、ゼッケン1番が浦川翔平で『なんなんだこのトンガリ坊主は』と思ったんですが、パフォーマンス見て『これがEXPGの実力か~』って…。スクールには翔平の他に(岩谷)翔吾、(藤原)樹、(長谷川)慎らもいてレベルは高かった。オーディションって緊張して下を向いちゃうんだけど、あの子らって自信があるから上向いてるんです。正直勝てないと思いました」

 ―合宿審査まで進んだが、手応えはあったのか。

 「いえ、合宿で感じたのはダンサーとアーティストの違いです。僕ら素人と岩田(剛典)さんやジェネレーションズのメンバーとは歴然と違うんです。彼らはただダンスを踊ってるんじゃなくて、そこに目的があって踊っている。ダンスを言葉にして発信できている職業がパフォーマーで、バックダンサーとの違いを実感しました。この時に『自分もパフォーマーになりたい』とマジで思いました」

 合宿審査後にランペイジ候補生に選ばれ、2度の武者修行を経てデビューとなったが…。

 「武者修行の時は誰かが落ちると思っていたので最初の方は『自分が、自分が』って、グループにまとまりがなかったです。でも途中から『ここまで走り続けてきたなら、16人でデビューしたいね』となって、じゃあどうするかってなった時に『グループ感をもっと出していこう』と。全員一丸で夢に向かって走るのを一番大事にするようになりました。HIROさんが『みんなが16人でいきたいって言ったから、16人でデビューさせたんだよ』というのを後から聞いて、僕らが思いを発信していたから夢がかなったって。16人でやってきてよかったと思いました」

 ―デビューしてから5年、印象に残っていることは。

 「1年目の時に韓国で行われた音楽フェス『アジア・アーティスト・アワード』に出させていただいた経験はでかかった。国を挙げた大がかりフェスで、国内外の群雄割拠するアーティストが、そこで切磋琢磨(せっさたくま)しているんですね。僕らがそこでパフォーマンスして、受け入れられた時に『日本だけじゃ、ちっちゃいな』って。そこで海外の可能性を夢見るきっかけにもなりました。今も海外でやりたい思いは強いです」

 昨年、単独で東京ドーム公演を行ったが、今年の目標は全国ドームツアーだ。

 「HIROさんからも『ドームにふさわしいアーティストになってください』って最近すごい言われていて…。やっぱりLDHのアーティストってドームツアーをこなして一人前ってイメージがあるので、僕らも早くそこに立ちたいし、正直、自分たちも達成できる目標だなって思っています。あとはそこに付随する発進力とパフォーマンス力を固めることだと思います。これもコロナがなかったらの話になりますが、今年、ぜひとも実現させたいです」

 興味があること、ないことの仕分けが完璧に出来上がっている。独自の感性は“自分ルール”を突き詰めた証しだろうが、同時に苦悩の沼と常に背中合わせにいる状態かもしれない。

 ◆山本彰吾が見たメンバー(カッコ内は年齢)

 ▼LIKIYA(31) グループのアイコン的な存在。パフォーマンスはイケイケで、ビジュアルとしてもランペイジの色を出してくれる人。

 ▼陣(27) メンバーでありLDHの社員。グループと会社のパイプ役で、この人がいないとHIROさんの意見も僕らに伝わらない。

 ▼RIKU(27) リクさんは天然(笑い)、いや自分を客観的に見られるタイプです。求められるとできる人なので、活躍の場はこれから広くなってくるはず。

 ▼神谷健太(26) ランペの中で一番ダンスがうまい。センスの塊。MA55IVE(マッシブ)で、もっと持ち前のセンスを爆発させてほしい。

 ▼与那嶺瑠唯(26) ランペのダンス担当。ソロダンス踊らしたら、会社全体でも右に出る者はいないと思う。ダンスを強みにやってほしい。

 ▼川村壱馬(25) Mr.ランペイジ。今の彼はなるべくしてなっている。やっていることと、言っていることに全部に対してウソがない。

 ▼吉野北人(24) ホクちゃんは周りからキャーキャー言われても、いつでも引ける賢さがある。常に冷静で一生勘違いしないタイプ。

 ▼岩谷翔吾(24) ショウゴもショウゴでMr.ランペイジ。HIROさんに真っすぐ憧れていて、このまま進んでいけば、そんな存在になれるかも。

 ▼浦川翔平(24) 翔平はもうバカで、あいつ、たまに病気だと思うくらい変でしょ(笑い)。まあムードメーカーですね。

 ▼藤原樹(24) クリエイティブな人間で、ライブをつくる時も彼の意見は大事です。無愛想ですが、自分の世界をつくれる人間だと思います。

 ▼武知海青(23) ランペの太陽みたいな存在。バラエティーとかで引っ張りダコになる可能性は大きいので、カイセイ推しでいきたい。

 ▼長谷川慎(23) 意外と策士かな。結成して8年間、マコっちゃんって自分の意見、サクセスストーリーみたいなモノを持っていると思う。

 ▼龍(23) クリエイター気質なので、本当にグループの縁の下の力持ちの存在だと思う。ランペに新しい色を持ってきてくれる。

 ▼鈴木昂秀(23) 悔しいですけどグループで一番センスがある。ダンスはもちろん、演技もラップも、歌もうまい。何でもできる。

 ▼後藤拓磨(23) タックンは一番優しいかも。「フランケンシュタイン」って呼んでいて、ツンケンしていそうに見えてピュアな気持ちでランペを愛している。

 ◆山本 彰吾(やまもと・しょうご)1995年10月6日、岡山県出身。26歳。10歳からダンスを始め、岡山県のダンス大会では多数の優勝。16歳でフィリピン人歌手のシャリースの日本ツアーのバックダンサー・オーディションに合格。2014年にEXILEのパフォーマー・バトルに応募するも合宿審査で落選。同年、THE RAMPAGEの候補生を経て正式メンバーに選ばれ、17年にメジャーデビュー。16年には映画「HiGH&LOW THE MOVIE」で俳優デビュー。MA55IVE(マッシブ) THE RAMPAGEのメンバーとしても活動中。身長163センチ、血液型AB。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×