岩井志麻子さん、電車内喫煙注意の高校生に暴行の男は「みじめったらしさの極みで、かわいそうなくらい」

スポーツ報知
岩井志麻子さん

 作家・岩井志麻子さんが27日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)に出演。栃木県で電車内での喫煙を注意されたことに腹を立て、男子高校生に暴行を加えたとして、飲食店従業員・宮本一馬容疑者(28)が逮捕された事件に憤りをあらわにした。

 この日の番組で今回の事件を報じた記事が紹介されると、岩井さんは「真面目に言いますけど、宮本一馬という人がかわいそうで、かわいそうでならんのよね」とポツリ。

 「みじめったらしさの極みというか、自分は虐げられている、バカにされている? みんなして俺をバカにしやがって!という感じでずっと鬱屈(うっくつ)していたんでしょう。多分、彼は電車に乗って入れ墨ちらつかせながら、たばこを吸っていたら、会社員や主婦や学生がびびってくれる、怖がってくれると思ったんでしょう。そこに堂々と真面目そうな高校生が注意したわけですよね。それに逆ギレしたんでしょ。もう、どんなにみじめというか」と事件の経緯を推測。

 その上で「この高校生君はまさに勝者ですよね。だって、みんなが見て見ぬ振りするような入れ墨ちらつかせている者が寝っ転がって、たばこ吸っているのを間違っているのは間違っていると注意できているわけですから、この高校生君がどれだけ人生の勝者であり、彼をそういう風に育てた親や周りの人がどれだけ、ちゃんとした人か分かりますよね」と続けた上で「宮本の場合、バカにされるのはおまえのせいだろって言うか、誰のせいでもなくて、おまえがバカにされるような人間になったからバカにされているんだよと。それがさ。電車の中で威張れるかなと乗ってきたみじめな後ろ姿とか想像すると、こいつがかわいそうで、かわいそうで。何か、かばってやりたくなるくらいさ」と独自の見解を示していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請